スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務不履行による時効、消滅時効

法律の話です。

債務不履行というのは、契約内容を履行されないこと、ですね。
それによって、契約を解除することができます。
契約を解除する際、解約金や違約金を請求されることがあります。
なので、今回はその時効についておおざっぱに。

売買契約の有効期限(債権・代金の請求権)
個人間(民事債権) → 10年
消費者・会社間、会社同士間(商事債権) → 5年
契約を締結した日からの起算です。

商行為の契約解除権
→ 5年
契約を締結した日からの起算です。

解約金、違約金の請求権
→5年
契約解除した日からの起算

商法第522条の適用となります。


時効が来たら、先方に消滅時効を援用する旨を文書でつたえなければなりません。
そうしなければ債権に関する時効は成立せず、その件に関して権利を主張する、裁判を起こすことができます。(ケースバイケースですが)

民法145条の適用です。

私の場合、そもそも契約無効を主張しているので…
これは聞かないといけないかな。

ちなみに、請求の嵐や場合によっては嫌がらせに5年耐え続ければ、時効になるということですね。(消滅時効の援用の主張が必要です)
よく、請求しているから時効は延びるとか聞きますが、請求とは裁判による請求です。
時効を延ばしたいのであれば、裁判するしかないのですね。
裁判以外の請求に耐え続けられれば…(; ̄ェ ̄)


詳しくは、国民生活センターの↓ページにて。
http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201406_15.pdf
スポンサーサイト

引き続き、進展ありません。

特に進展はありません。

しかし、他社の営業電話やDMが時折届く様になりました。
エステ・トリートメントサロンの某検索サイトに契約していたときの名残(昨年末契約解除)なのか、
この一件で、私の個人情報が売買されているのか、区別がつきません。

まぁ、ただ電話をかけてくる分、DMを送付してくる分には無視していればいいのです。
ちょっと気分は悪いですが。

まだ気を抜かずに頑張ります。

進展はありません

あけましておめでとうございます。

年が明けましたが、進展ありません。
契約後1年を過ぎました。
売買契約締結後、有効なのは業務契約の場合、5年。つまりあと4年。
(個人契約の場合、3年です。)

頑張りましょう!

少額裁判について

わかりやすいサイトがあったので、ページをリンクしておきます。

悪徳商法・詐欺の犯罪対策室
http://www.geocities.jp/hanzaitaisaku/skiso.html

突然の来訪

つい先ほど、
9月18日15時30分ころ
販売店の社員(私が契約した時の社長本人ではない)が「ヒラオカの代理できました」と突然やってきました。

社員「こちらから何度もお手紙差し上げていますが、どういうお気持ちですか?」

ということで、

私「私は、最初に出した通りです。」

社員「ですから、少額裁判をまだ起こしていませんが、なりますが、どういう考えですか?」 

私「・・・どうぞ、裁判にするならなるでかまいません」

社員「そうですか、わかりました」

と、割にすぐ帰りました。


ついに直接来たか~、という感じです。
名刺もおいていかなかったし、誰なのかも言わなかったので、本当に販売店かどうかわかりませんが。
あ!レコーダーで録音しておくんだった!
とは、後の祭り。

さて、また資料用意しなおしておこうかな。
プロフィール

たなか

Author:たなか
青森県在住の個人事業主。
2013年冬、いわゆるホームページリース商法に引っかかる。
2007年春、内職商法に引っかかる。

人生、焦るとろくな事が無い。
他人を信用できない世の中はいやだなぁ、と思う今日この頃。

カウンター
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。