スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支払督促について ~裁判所

極力わかりやすくを心がけています。
記載情報が間違っていたり、不足等ありましたら、コメントください。m(_ _)m


支払督促とは


通常、支払を求める側(会社、人)が直接送付しますが、裁判所を通して求めるやり方です。

支払を求められる側が住んでいる(会社なら会社住所のあるところ)簡易裁判所に申し立てます。

裁判所から、通知が支払を求められる側に届きます。

2週間以内に異議申し立てをしなければ、裁判所が支払を求める側の申し立てを認めて、強制執行できるようになります。


異議申し立てをすると・・・裁判になります。

強制執行とは?
支払を求める側が裁判所の執行官に支払を求められる側へ財産の差し押さえをしてもらうことです。
支払督促の場合、簡易裁判所判決のち30日間のみ強制執行できます。
*ただし、強制執行するためには数万以上かかるため、行われるかどうかは支払を求める側次第です。(強制執行にかかるお金は支払を求める側が払います。支払を求められる側に請求したり、判決の金額に上乗せすることはできません)
*裁判で強制執行が認められた場合、判決後10年間、強制執行できます。

支払督促にも、裁判所に申し立てする際にいろいろ経費がかかります。
私の今請求されている金額で仮に支払い督促の申し立てする場合、裁判所に提出する印紙だけで数千円、書類作成をプロに頼めば1~数万、裁判所に書類を提出する労力等

へ~、でも財産がなければ無視されて終わりですね。強制執行かかっても空振りだし。
商品の在庫は10万くらいあるけど、私に対する嫌がらせくらいにしかならないかなぁ?
こんなにある種マイナーな物があっても、使いこなせる人なら嬉しいだろうけど。

強制執行でも日用品等は持ってけないとかいろいろ規定があるらしいので、その辺もちょっと調べておきます。
スポンサーサイト
プロフィール

たなか

Author:たなか
青森県在住の個人事業主。
2013年冬、いわゆるホームページリース商法に引っかかる。
2007年春、内職商法に引っかかる。

人生、焦るとろくな事が無い。
他人を信用できない世の中はいやだなぁ、と思う今日この頃。

カウンター
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。