スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年冬、悪徳商法にひっかかる。

やっちまっただ、やられちまっただ・・・(TωT)ブヒー

というのが今の気分。
昨日バタバタと相手に喧嘩売った(契約無効の内容証明を送った)ので、今は状況待ち。
今まで起きた事を随時アップしていきます。
泣き寝入りしている人、疑いがぼやっとある人、知識がある方、体験がある方などなど、コメントOK!
一人で悩んでいたら辛い!
愚痴で吐き出しても良いし、どうしたらいいか・どうするかを決めるための情報収集に役立ててもらえたら幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ホームページ詐欺?

はじめまして。
色々検索したらこちらを見つけました。

私はホームページクレジットで内容証明を提出し、クーリングオフ無効と回答がありました。
その後どうなりましたか?

Re: ホームページ詐欺?

はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 私はホームページクレジットで内容証明を提出し、クーリングオフ無効と回答がありました。
> その後どうなりましたか?

9月18日以降は私の状況の進展はまだ何もありません。

私も専門家ではないので、そこを了承してください。

ホームページクレジットは、お店や業務内容のホームページであるならまずクーリングオフはできません。
法律で、個人事業主も業者と見なされ手しまうからです。
昨年、個人事業主等も含めるべきではないかという議論が政府の委員会でされましたが、以降はまだそちらも進展していません。
よって法律の援護はほぼ期待できない状態です。
様々な方の裁判では、相手側の落ち度やこちらの認識誤認や錯誤による証拠の積み重ねで勝訴したり和解することが多いようなので、まずは自身にあったことをつぶさに書き起こして記録しておくことが大切です。
それにプラス材料として類似裁判の判決や政府・各省庁の見解を調べておくと心強いです。

しかし、一言一句あるいは言ってないことまで揚げ足取りのように言われることもあるので、行動を起こす時には慎重にされるのがいいです。

弁護士さんなどには相談されたのでしょうか?
一概に専門家と言っても、専門というか慣れていらっしゃる方とそうでない方がいますから、相談に行かれる際には、すべて書き起こし、資料も用意し、自分用のほかに弁護士さんに渡すコピーがあった方がいいです。
丸投げではまず地方だと引き受けてくれません。(契約に基づいた解約や金額等の交渉はしてくれるようですが…)
政府の相談窓口も私はたらい回しにされました。でも、幸いたらい回しの先でたまたま電話口に出てくださった方が無料相談会のことを教えてくださったので今に至るのですが…

戦う(拒絶ふくめ)のか、交渉するのか、しっかりと覚悟を持ってまずは決断してください。

どちらにしてもまだ先はあります。
一緒に頑張りましょう。
プロフィール

たなか

Author:たなか
青森県在住の個人事業主。
2013年冬、いわゆるホームページリース商法に引っかかる。
2007年春、内職商法に引っかかる。

人生、焦るとろくな事が無い。
他人を信用できない世の中はいやだなぁ、と思う今日この頃。

カウンター
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。