スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内容証明 4 請求される

今日、内容証明が届きました。
内容証明3で先方が明記してきた締め切りは、先週の金曜日。

さて、その内容は。

締め切りまで返答がなかったので異論無しと見なした。
よって、錯誤無効の主張は無効とし、契約書に基づき違約金(売買金額の20%!)を請求します。
支払われなかった場合、訴訟を検討します。

だそうで。

内容証明のほかに、もう一通、簡易書留で請求書が送られてきました。
その支払期限にびっくり!

請求書日付 今週月曜日
請求書が届いた 今週水曜日
請求書に記載された支払期限 今週金曜日

先方は、こういうことに慣れてんじゃないのかな~?
それともこの請求書みて慌ててお金用意する人多いのかな?
・・・多いのかもしれない。

まぁ、用意できるわけもないし、用意して振り込んでも保守契約がどうなるか明記されてないし、
もはやだいぶ前から裁判は覚悟しているので、

支払いません。


もちろん、弁護士さんに相談。

結果、放置決定。

この金額なら《少額訴訟》で審理1回の簡易裁判所での訴訟になるそうです。

1: 審理1回の裁判で和解にもっていく

2: 通常裁判への移行手続き
    ↓    *訴えられた側(被告)は通常裁判への移行手続きができる。
   私の地元の裁判所への移送申し立て
    ↓
   受理されてもされなくても通常裁判。


正直、裁判に勝つ、つまり私の錯誤無効の申し立てが認められる可能性はかなり低いです。
ただし、和解でもって、金額を下げることはできるかもしれない。
もしくは、敗訴しても、差し押さえられてもかまわない。(財産がないため。精神的苦痛を乗り越えられれば。)

目的としては、先方の言い分通りに事を運びたくないだけです。


あとは、この違約金だけを求められる《少額訴訟》のほかに、可能性として名誉毀損を上乗せされる《通常訴訟》の可能性があります。
だとしても、対応は変わりませんが。


あとは、先方が裁判してまで私からお金を取ろうという意志があるかどうかです。
ちなみに、先方がクレジット会社とかなり仲良くしているなら、支払い抗弁書送付時に同封した私の昨年度確定申告の損益計算書のコピーを見ているはずです。
同じものを弁護士さんにも見せましたが、「ボクだったら、君相手に訴訟はしない。とれるお金ないし」とのこと。(笑)
《少額訴訟》の場合、先方は弁護士を立ててこなのではないか、とも言ってました。
30万以下の訴訟で、10万弁護士に払ってたら、どうしようもないでしょう。
差し押さえするにも、10万程度かかるそうですし。

訴訟の種類や、差し押さえなども少し調べたので、後日まとめたいと思います。

動きがあるとしたら、また来週の木曜ですね。
(どの内容証明も、月曜夜に郵便局で手続きし、木曜着です)

内容証明届く 3

ごじつ、タイトルとかごちゃごちゃになってきたので整理します。
更新に時間があくので、自分でもよくわからなくなってきました。(>_<)

さて、これまでの間に2通内容証明が届きました。
書き込みが遅くなったのは、単純にこれと違うことでバタバタしていたためです。
バレンタインあったしね。華やな意味じゃなく。

さて、内容証明3通目の話

私が返答しないことに面食らったようです。

契約日の私の言ったことを曲解していて、多少不快な文章です。

ともかく、返事をよこせの一点張り。

最後に名誉毀損で訴えるぞ、と。


弁護士さんに相談しました。

結果、前回と変わらず、訴えるならどうぞ。です。


きっと、多くの人ならば、自分の意見をいろいろ内容証明で送るんだろうなぁ。
私だって正直送りたい気持ちはあります。
だけど、それをしたら、もし裁判になったときのカードが減ってしまいます。
横面はたくなら、手加減してではなく、思いっきりやりたい派です。
もちろん、やらなくて済むならそれに越したことはありません。基本は平和主義者です。


あと、内容証明の中に「返答無ければ異論無しと見なします」という文言がありました。
これについて、弁護士さんに伺ったところ『法的根拠は一切ない。ただの一方的な主張』であるとのこと。
先方が明記してくる「●月●日までに返答ください」という締め切り日と一緒ですね。

相手の土俵に乗ってやる必要はありません。

内容証明その2

1月20日付で内容証明が届きました。

ちょうど仕事で家を空けていたので、確認したのは23日です。
*追記 23日配達でした。先方が郵便局で発送したのが20日夜です。

・・・さらに内容が支離滅裂に。

社長が営業にきて契約したのに、「社員に〜と教育している」とか、
これは前の内容証明もそうでしたが、契約していないオプションに関して延々、

最後には、クレジット会社と保守契約先の会社へ私が送った内容証明で、販売会社の名誉と信頼が著しく傷ついたそうで、裁判を検討しているそうです。
名誉毀損裁判を、なぜか、売買契約書記載の合意裁判所で。(内容証明に合意管轄裁判所である◯◯裁判所と記載されてます。)


なんか、真剣に私からお金取るつもりがないんじゃないのかな?
人の揚げ足取ろうとして失敗してる気がする…

とりあえず、今後のこと(つまり裁判になったら)を含めて相談しに弁護士先生のところへ。

相談の結果、返答しないことにしました。
裁判にするぞ!っていうなら、どうぞ。ということです。
そりゃあ時々気弱になりますが、もし裁判になれば、いろいろはっきりするし、その上で私が悪いと裁判官が判決を下すならそれでいいので。

ひょっとしたら、私のケースは特殊かもしれません。
クレジット契約が無効(解約)になっていたのは本当に幸運でした。

これからも時々状況や参考になりそうな情報を記載していきます。

内容証明送付 その2

12月31日に相手から私が申し立てた内容についての内容証明が届きました。

その後、家族で話し合い、弁護士さんに相談&依頼することに決定。

1月6日に弁護士さんに連絡

1月7日に弁護士さんに相談(有料相談)

その結果、先方の内容証明を精査すると、「あなた(わたしのことです)がなぜ錯誤だというのかわからない」という内容であり、明確に否定していないとわかりました。
やり方としては、


契約書をよく読んでますよね?

無効の申し立ては意味が無いですよ。

契約書どおりにいきましょうよ。


といったような、強い言葉を使わず法律の素人では契約書が絶対と思い込ませるやり方のようです。


ちょっと長くなるので続きはたたんでおきます。

下の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む»

販売店から内容証明が届きました。

予想通り、私の訴えは全却下です。
ただ、まだ裁判にする気がないようで、とりあえず、私がもうしたてた理由での錯誤無効は認められないとのこと。

最初は裁判で争ってもいいと思ってましたが、現実的に不可能だと判断しました。
悔しいですが・・・
今後は、弁護士を代理人に立てて、解約に動き出します。
ただ、1月10日までに返事をよこせと書いてあるので、弁護士さんのお正月休み明けを待って、急いで対応しなければなりません。

頑張ります。

悲惨な大晦日となってしまいましたが、皆さん、良いお年を
プロフィール

たなか

Author:たなか
青森県在住の個人事業主。
2013年冬、いわゆるホームページリース商法に引っかかる。
2007年春、内職商法に引っかかる。

人生、焦るとろくな事が無い。
他人を信用できない世の中はいやだなぁ、と思う今日この頃。

カウンター
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。